処理性能 

今までの空気清浄機では到達できなかった
化学物質処理性能

これまでにVOC 処理を目的とした空気清浄機が多く市販されてきましたが、人体への影響が 少ないと言われる極低濃度( 環境指針値以下) までVOC を分解できるものはありませんでした。 工場、医療、美容室などで発生するVOC(揮発性有機化合物)の光触媒による分解に着目し、九州大学(白石研究室)との共同研究開発によってVOC分解性能を極限まで高めることに成功しました。
私たちが開発した全く新しい光触媒反応方式は、 既存の空気清浄機の光触媒方式やオゾン方式、プラズマ方式、吸着方式などに比べ、 これまで難しかった「ゼロ」に近い極低濃度までVOCを分解処理することができます。





VOC(揮発性有機化合物)処理性能
開発した空気浄化装置は例えば、ホルムアルデヒドを厚生労働省の環境指 針値(0.08 ppm)以下まで分解除去できる非常に高い性能をもっています。一般に空気清浄機の スペックデータには、このような低濃度域での分解性能が示されていません。つぎの図は光触媒 方式の他社製とアイクォーク製によるホルムアルデヒド分解データを比較したものです。

ホルムアルデヒド処理での他社空気清浄機の比較

ホルムアルデヒド処理


様々なカタログなどでよく目にする空気清浄機の性能グラフですが、本当に求められている性能を示したデータでしょうか?実は人々が安心して過ごせる環境にするには極低濃度域まで化学物質を除去できる強力な性能が必要です。

この図ではホルムアルデヒドが無くなる時間に大きな差があるように見えませんが、40h以降の部分を拡 大するとその差は歴然としています。プラズマ方式や、オゾン方式などほとんどの機種ではホルムアルデヒドを環境指針値(0.08ppm)以下まで処理することは困難です。 アイキューフレッシャーは、厚労省が定めるホルムアルデヒドの室内濃度指針値を下回ることができます。



処理速度もはやく、室内の空気をすばやく浄化


イソプロパノール処理


浮遊菌・悪臭処理性能

ウイルス・カビ・悪臭除去性能

上記のデータは集塵フィルターを装着せず、反応器のみで処理を行ったデータです。通常、空気清浄機に多く使用される空気を吸い込んで浮遊物質を濾す仕組みのフィルターを装着しなくても十分な性能を発揮できることが実証されました。