Pick up! VOCとは?
 
VOCとはどんなもの
    VOC とは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称で、揮発性が高いため大気中で気体となる有機化合物の総称です。VOCはわたしたちが生活する様々な場所にあふれています。例えば、以下のようなにおいはVOCによるものです。  
      接着剤のにおい
ドライクリーニングのにおい
プラスチック容器のにおい
マニュキュアのにおい など
中濃度イソプロパノール処理 中濃度イソプロパノール処理  
使われる場所
    VOCは塗料の溶剤(シンナー)、接着剤、インキ、金属の洗浄溶剤などに含まれており、塗装や接着を行っている工場、印刷・化学製品製造・工業用材料洗浄などを行っている施設、ガソリンなどの石油類を貯蔵する施設では大量に発生します。  
       
     
VOCが原因とされるシックハウス症候群
    近年、住宅の気密性が高くなり、建築材料や家具に使われている接着剤、塗料、防虫剤(白蟻等)、プラスチック添加剤、可塑剤などに含まれる化学物質が室内空気汚染を引き起こし、わたしたちの健康に悪影響を与えています。これにより現れる症状は、「シックハウス症候群」と呼ばれており、久しく問題となっていますが、これまで決定的な解決策は打ち出されないまま今日に至っています。
その症状は、目のチカチカ、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など、人によってさまざまです。また、住宅だけでなくオフィスのあるビルや学校でも深刻な問題となっており、これらはそれぞれ「シックビル症候群」、「シックスクール症候群」と呼ばれています。さらに、車の中は100を超える様々な化学物質による汚染が報告されており、これは「シックカー症候群」と呼ばれています。
 
    わたしたちの身の回りには多くのVOCが存在します  
   
安全なVOC濃度の指針値
    厚生労働省は、2002年に13種類のVOCについて室内環境の指針値(ガイドライン)を策定しました。
この指針値は、『人間がその濃度の空気を吸い続けても健康への影響を受けないと判断される値』であり、室内環境汚染の度合いを測る目安として利用されてますが、2017年に新たなVOCの追加や指針値の改定が行われました。
 
    voc
条件によっては環境指針値以下のVOC濃度を実現するアイキューフレッシャー
現在までに数多くの空気浄化機器が市販されてきましたが、そのほとんどのものが環境指針値をクリアできる性能を持っていません。多くの機器では、VOCが1ppm程度の低い濃度になると処理速度が急激に遅くなり、(VOCの新たな発生がない場合でも)最終的に500ppb以下にできないまま濃度低下が停止してしまいます。
アイキューフレッシャーシリーズの機器は、(VOCの新たな発生がない場合、)多くのVOCの濃度を環境指針値以下にすることができるばかりでなく、検出限界濃度(数十ppb)以下にすることもできる、世界でも稀な性能を持つ空気浄化装置です。
これまで、換気でしか対応できなかった居室や作業場であってもアイキューフレッシャーを置くことで、より健全な空気環境を提供することができます。
 ※処理性能については発生源のない状態での実験によるものです。
 
     
ppm とは parts per million の略です。1ppmは、1m3の空気中に1p3のVOCガスを入れて均一に混合したときの濃度に相当します。  
ppbとはparts per billionの略です。1ppmの1/1000の濃度です。  
Copyright(c) 2018 I-Quark Corporartion.All Rights Reserved.